モノローグの場


by 1984_leoleo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

んがー

自分のどうにもできないところで歯車がぐるぐる回っていくような感じがします。

気合いが足りんのか?
そういう話ではないんだけれども。
[PR]
by 1984_leoleo | 2007-02-27 01:07

迷惑かけっぱなし

将来の進路が決まりました。

院に合格したということです。まだ正式な通知書とかは来てないけど。

というわけで、あと2年頑張ってみます。
[PR]
by 1984_leoleo | 2007-02-24 18:26 | まいにち

どうというか

なんというか。疑問がいっぱい。


・最近もがいてばかりです。もともと集団への帰属意識が強くて、そのくせ安易に所属集団に与したくないと思ってしまうんですが。結局どっちだ。


・自分にとっての「ありったけの力」ってどれくらいなのだろう。自分の影響力って?


・自分って「芯」のある人間だろうか。「決断できない病」は訓練である程度和らげても、結局本質的な解決はできないようだし。


・状況把握力は昔から結構唯一持っていると思ってたけど、そうでもないらしい。別に感覚が鈍ってきたわけでもない。


・物事「強く願えば」何とかなるのだろうか。巨大な力に押しつぶされる感覚に最近よく襲われます。


っていう感じです。別に鬱だとかそういう話じゃなくって、アイデンティティの危機とかそういう話でもなくて、この種の悩みには記憶にある限り8年くらいはお付き合いしてるので。胃腸系にあまりよくない思考だってのも重々承知。でも俺の体相当丈夫だからなかなか壊れそうにありません。40くらいになってからこの性格を後悔するのだろうか。


ふぅ。何いってんだか。
[PR]
by 1984_leoleo | 2007-02-21 23:58 | まいにち

審判のとき

来年度の進路の決まっていない人間です。
将来が決まっていないってそれだけでストレスです。
明日から二日間院試です。

これがだめだったら、来年以降の進路が未定のまま卒業させられそうです。
現状それはすごく避けたいと考えています。

院に行きたいです。
もうここまで来たら運を天に任せてやるしかないのでしょう。
でもとても不安です。

ここ数日で、ようやく自分に足りないものが見えてきた気がしています。
それを卒論(=論文試験)に反映することができなかった。悔やまれます。
そして足りないところだから、それを解決できていない訳です。

明日は筆記試験。明後日は面接試験。
そもそも筆記試験を通過できるのか。それも出題次第だと思ってしまうあたり弱気なんでしょうね。。。
まぁやるしかないか!
[PR]
by 1984_leoleo | 2007-02-12 19:14 | まいにち
ふと卒論の口頭試問が9日にあることを思い出した。
この調子だと忘れてしまいそうで怖いです。
ついでにいうと院試も13日に控えてるんですけど。。。落ちたらプー決定なのにいまいち危機感がないです。

今日は本当に反省をしなくてはいけない日でした。
消化不良すぎ。
やってて自分に腹が立つくらいなにもできないことってあるもんだ。

やれることを無心ですべきなのかなとか思ったり。
無我の境地とか無心とか、結構楽です。
でもそんな風になってしまうのはいいことなのだろうか。


正当性と一貫性が欲しいです。
どうやら僕にはどっちもないみたいなので。
少なくとも正しくはありたいし、一貫していたいとも思う。
でもそれがどうしても苦手。昔から人の顔色伺ってばかりいたからだろうか。

自分のしてきたこと、全部正しかったって言える人間になりたい。どうしてか自分には罪の意識があるようです。
[PR]
by 1984_leoleo | 2007-02-03 22:47 | まいにち
ヘコむとブログが更新される最悪な掃きだめになりつつあります。このブログ。
ほんとに使いものにならない。


言ったことの意味の確実性に自信がもてない感じです。
自分の思いに自信がないわけじゃなくて、伝達が成功していることに自信がもてないのです。
まるでドストエフスキーの登場人物のように、病的に言い訳を繰り返してしまいそうなのです。
そんなときはブログに投稿するわけです。

ひとつのことを伝えるために、その誤解をさけるための迂回路をつくりその誤解をさけるための迂回路をつくる……。

うーん。病的です。これが現象学的還元なのかと思います。うん、現象学的還元なんて絶対居心地悪いです。超越論的仮象万歳。



今の気分を割と正確に言える気がします。
おうちから放り出された感じです。小さい子がいたずらでもして、家の外に放り出された感じ。
あの恐怖は忘れられない。
そして今久しぶりにそんなのを味わってます。
家にいなくてもいつしか平気になったけど、やはり家的なものは自分のなかで作っていたのかと、いまさらながらに実感。
[PR]
by 1984_leoleo | 2007-02-03 02:39